さる3月22日(土)、倉敷市連合医師会主催の医療法務セミナーにおいて橋本がくがセミナーの講師を務めました。
テーマは現在国会に法案が提出されている医療事故調査の在り方について。井上清成弁護士および藤戸クリニックの秋山正史医師とともに、法案作成の経緯や内容等についてお話をしました。
安全かつ充実した医療の提供に向けバランスの取れた制度になるよう、今後も橋本がくは努力してまいります!

【資料】
●医療法務セミナーレジュメ
●厚生労働省法案説明資料